THOROGOOD HORSE HIDE

60年代初頭までは丈夫で長持ちするという理由でワークブーツやレザージャケットに頻繁に使われていたホースハイド。

その後 馬の役割も代わり、動物愛護の意識も強くなり、あまり使われる事が無くなってきました。

現在ではホースハイドは希少で高価なレザー。農耕馬が少なくなった今、良質のコードバンは更に確保するのは難しいのではないでしょうか。

1892年WISCONSIN 州で設立された老舗SHOESメーカーWEINBRENNER社が有するThorogoodは現在もなおアメリカにおいて素晴らしいワークブーツを作り続けるRED WINGの双璧とも言えるブランド。 

f:id:hynm_kobayashi:20140122135251j:plain

本日押し入れから出してきたのはTHOROGOOD HORSE HIDE 6inch Boots

f:id:hynm_kobayashi:20140122131947j:plain

 ホースハイドの表記は無いのですが、これを牛とは到底言えない革の厚みと強い腰

f:id:hynm_kobayashi:20140122132052j:plain

この年代では珍しい出始めのフラットクッションソールはやはり強度に難ありでした。

そろそろソール交換が必要、どんなソールに履き替えるか考えるのもちょっとした喜びです(お金はかかるけどw)。

 

現在お店にも60's前半のDEAD STOCKのTHOROGOODがございますので興味のある方は店頭で手に取ってご覧下さい。