Curry Blog #76 砂の岬(桜新町)

1週間で金、土、日の3日間しか営業しない、なかなかたどり着けないインド料理店。

8席しかないお店なのに、開店20分前には既に8人が並んでいる、開店時には17人、、

最後に並んだ人が食事出来るのは1時間半後???

 

砂の岬(桜新町)ノンベジミールス +マドラスチキン+コダグ・バンディ マサラ¥2,330-

f:id:hynm_kobayashi:20150423114920j:plain

内装、食器、メニューに至までビジュアルに抜かりない店作りは、他のインド料理屋とは一線を画するお店。

ひと皿づつ丁寧に作られ、サーブする際は料理の説明をしっかりしてくれる。客数をまわす事より、美味しい食事を味わってほしいという思いが伝わってきます。

インド料理でありながら実に繊細、パウダースパイスが控えめで日本人でも毎日食べられるミールスです。

 

Curry Blog 16~

 

 

 

 

sis + recollect

良質の古着屋が集まり独自のショッピングタウンへ進化している祐天寺。

独自のセンスあるセレクションで、ファンの多いArms Clothing Storeが新しいお店をプロデュースしたとの情報で早速いってきました。

 

二人のバイヤーの視点で集められた商品の数々が並ぶジャンルレスな古着屋

sis + recollect

祐天寺の商店街を駒沢通り方向に進み、TUTAYAの向かいに構える白いエントランス

f:id:hynm_kobayashi:20150422092003j:plain

明るい店内には、オープン直後という事もありスッキリした印象

f:id:hynm_kobayashi:20150422092743j:plain

奥には古書やレディース、インディアンジュエリーなど、、、、

f:id:hynm_kobayashi:20150422092017j:plain

告知もなく突然先週末にオープンしたsis + recollect まだ商品量は少ないですが、これからどんどん投入される模様です。

 

このエリアは夜遅くまで営業しているお店が多いので、仕事帰り立ち寄れるのも嬉しいですね。

 

久しぶりのファッションネタでした

 

Holi Yokohama

豊作祈願に由来するインドのお祭りHoli Yokohama 2015 が行われる赤レンガ倉庫前広場へ。

様々なベンダーが出店しさぞ濃いインド色かと思いきや、ステージではアイドルが歌い踊る、和印融合なイベント。

f:id:hynm_kobayashi:20150411191113j:plain

清澄白河の名店ナンディニが出店していたので、まずはマサラドーサとイドゥリで腹ごしらえ。
f:id:hynm_kobayashi:20150411160036j:plain
今回の一番の目的はアジアンハンターさんでインド食器の買い足し。
ステンレスの食器は割れないし衛生的で、我が家ではインド料理以外にもフル活用。
 バナナの葉を模した器はプラスチック製、コレからの季節ピクニックなど屋外での食事に便利そうです。
 

f:id:hynm_kobayashi:20150411213243j:plain

 少しづつ買い足していた食器類もいつの間にか、、、、
 

f:id:hynm_kobayashi:20150411213259j:plain

明日も舞台では様々な演目が行われますが、夕方からインド古典舞踊も観られるのでインドビールやインドワインを片手にほろ酔いで気分で和印フィージョンイベントを楽しんでは如何でしょうか
 

Curry Blog #75 アーンドラ・ダイニング(銀座)

ここ1年休みもままならない生活を続け、たまの休みも火曜日だったので、このBlogで行けてないインド料理の名店が多数あります。

少し時間的余裕ができたので、先輩の誘いを受けて南インド料理の名店 ”大森のケララの風邪Ⅱ ”へ。

 

大森駅で待ち合わせをして、お店に行くと、入り口には火・水 定休の案内が!?

いつの間に水曜日も定休日だなんて、、、、、

 

2人して気分は南インド、ここは切り替えて有楽町へ移動

 

アーンドラ・ダイニング(銀座)Bセット ¥1,090-

f:id:hynm_kobayashi:20150407140600j:plain

ランチミールスを味わうつもりで訪れたのですが、日替わりの説明を受けると、どれも捨てがたい、ラッサムに後ろ髪を引かれつつ、結果Bランチを注文。

カボチャ、チキン、ラムキーマとバランスの良い3品、チャパティーが切れのある塩梅も空腹のランチには嬉しい限り。

銀座にほど近い立地に奇麗な店内は女性連れでも行き易いお店です。

 

これからインド関連のイベントが目白押しなのでCurry Blogの頻度が上がりそうです。

Curry Blog 16~

 

 

大山詣

大山街道脇に住んでいながら一度も参った事のない、大山阿夫利神社

家から歩いて行こうかと真剣に考えるも、大山街道を40km歩いてから登山だなんて無理、車を借りて一路大山まで。

 

駐車場に車を止め、開店準備中のお土産横町を抜ける

 f:id:hynm_kobayashi:20150330185214j:plain

初級登山との下調べ、それならケーブルカーを使わずに自力で下社まで 、30分程でたどり着く大山寺、この階段を見てパスしたくなりますが、ご挨拶、、、

 f:id:hynm_kobayashi:20150330185239j:plain

ココからは比較的らくな女坂と言われるも、初心者にはなかなかハード山道(殆ど階段)1時間弱でようやく下社に到着。

 

まずは目的のお参りをして、ご神水を汲み、お祓いをしていざ奥社へ。

また階段からスタート、、、、、、

 f:id:hynm_kobayashi:20150330185309j:plain

ここから90分程の山道(ほぼ階段)を登り頂上へ、、、、

 f:id:hynm_kobayashi:20150330185331j:plain

様々なルートから登頂した、ご年配の方や山ガールがみんな食事やビールを楽しむ山頂。

誰一人参拝する気配のない奥社でご挨拶でミッションコンプリート。

普段まったく運動しない私には地獄の下山、往復5時間の山行を終えるとiPhone のヘルスケアダッシュボードの登った階数は、なんと277階のを記録

f:id:hynm_kobayashi:20150405162153j:plain

帰りに宇宙パワー全開の七沢荘で温泉に浸かり心身共にリフレッシュ。


さて、そろそろカレーBlogも再開します。

Curry Blog #74 ERICK CURRY(渋谷東急フードショー)

インド料理は一通り家で作るのですが、どうしてもお店の味との差がでてしまう料理がある。

インド料理に欠かせないナンやチキンティカなどはレンジのオーブン機能ではまるで別物。

不可能では無いが、再現性と火加減など熟練の技を要するビリヤニもなかなかの難易度。

 

遂にビリヤニをメインにしたテイクアウトのお店が誕生

 

ERICK CURRY(渋谷東急フードショー) チキンビリヤニ ¥791-

f:id:hynm_kobayashi:20150215113407j:plain

こちらは八重洲の南インド料理の名店ERICK SOUTHプロデュースのお店で、Curry Blog #59 で訪れたお店と同じようです。

しっかりとバランスのとれたスパイスに手羽元が2本、サフランもほのかに香り。

ナッツにグリーンレーズン、野菜で飾り付ける辺りは気が利いているので、斜めにせずにホームパーティーに持って行けば喜ばれそうです。

 

Curry Blog 16~